失敗しないための中古車選び!この条件は外せない!?

走行距離は出来るだけ少なめで!

中古車を購入を考える場合、購入後の故障リスクは誰しも気になるところですよね。そんな故障リスクを抑えるために、中古車選びで最も簡単な条件は、走行距離が少ない自動車です。自動車は走行距離によって消耗品が消耗しますので、その分故障リスクがあがってしまいます。逆に、自動車は機械なので、走行距離が少ない方がそれに比例して故障リスクが少なくなります。購入後の故障リスクが気になる方は、まず購入対象を走行距離が少ない順に絞ってみましょう。

走行距離が少なすぎる車も注意が必要です!

走行距離が少なければ、それに比例して故障リスクが低下するといえるのが中古車ですが、しかし、あまりにも走行距離が少なすぎる車も注意が必要です。例えば1年落ちで走行距離1000キロ程度ならありふれていますが、10年落ちで走行距離1000キロ程度の場合は、あまりにも走行距離が少ないといえます。こういった車は、一見優良車にみえますが、その実、ほとんど10年間ほっておかれた可能性があるので、経年劣化が進み、それが原因で思わぬ故障が発生してしまうのです。

見落としがちな修復歴の有無!

中古車の価格を形成する重要な条件はいくつかありますが、その中でも重要なものは、その車が事故車であるか否かです。ここでいう事故車とは、自動車のフレームにまでダメージを負ったものをいいます。目ぼしい車種がみつかり探していると、ひと際安い車があれば、その多くは事故車ではないでしょうか。事故車は安く購入できるというメリットがありますが、あまりにも大きい事故であると、完全に修復できないために、走行に支障がでる場合があります。事故車購入の際は、この点に気をつけましょう。

ボルボの中古車は現在では激安の価格で購入する事が可能です。車体の状態も良いので、非常に得をする事が出来ます。